PUBLICATIONS
Category
Year

Domestic Conference

  1. 1. 三村喬生, 中村友昭, 松本惇平, 西条寿夫, 須原哲也, 持橋大地, 南本敬史, 霊長類における身体動作時系列の分節推移構造推定, 2019 June, accepted BibTeX
  2. 2. 内部英治*, 方策探査法のための多重重点サンプリングを用いた経験再利用, 2018 , # BibTeX
  3. 3. E. Uchibe*, and J. Wang, EM-based policy search for learning foraging and mating behaviors, 2018 , # BibTeX
  4. 4. 松嶋達也、大澤昇平、松尾豊, 内的報酬と敵対的学習によるタスク非依存な注意機構の学習, 2018 6 BibTeX
  5. 5. 成沢淳史,柳井啓司, スタイル転移によるフォント画像変換, 2018 BibTeX
  6. 6. 丹野良介,會下拓実,柳井啓司, AR DeepCalorieCam: AR表示型食事カロリー量推定システム, 2018 BibTeX
  7. 7. 成冨志優,堀田大地,丹野良介,下田和,柳井啓司, Conditional GANによる食事写真の属性操作, 2018 BibTeX
  8. 8. 伊藤祥文,丹野良介,柳井啓司, Conditional GANを用いた大規模食事画像データからの画像生成, 2018 BibTeX
  9. 9. 會下拓実,柳井啓司, 単一の畳み込みネットワークによる料理検出とカロリー量推定のマルチタスク学習, 2018 BibTeX
  10. 10. Shubha Gupta, Keiji Tanaka, and R. Allen Waggoner, Simulations of various numerical leg models to ensure safety during parallel transmission MRI, 口頭発表 BibTeX
  11. 11. Topi Tanskanen, Chien-Hui Tancy Kao, R. Allen Waggoner, Ken Ueno, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Category selectivity in the human face-selective cortex assessed with columnar resolution fMRI, ポスター発表 BibTeX
  12. 12. Chisato Suzuki, R Allen Waggoner, Kenji Haruhana, and Keiji Tanaka, Evaluation of motion effects on physiological noise correction in fMRI studies, ポスター発表 BibTeX
  13. 13. 春花健児、鈴木千里、田中啓治、上野賢一, Evaluatio of combining method for RF srray coil data in fMRI study, ポスター発表 BibTeX
  14. 14. Takufumi Yanagisawa, BMI induced plasticity modulates phantom limb pain, 2018 BibTeX
  15. 15. *宮崎勝彦, 報酬待機行動を制御するセロトニンの役割ーoptogeneticsによる検証ー, 2018 , TKPガーデンシティ品川 , 2018.1.27, invited BibTeX
  16. 16. J. Chikazoe, 表象類似度解析による脳内価値表象の解明, 2018 , 招待講演 BibTeX
  17. 17. 柳澤琢史、福間良平、Ben Seymour、細見晃一 、貴島晴彦、吉峰俊樹、神谷之康、齋藤洋一, MEG-BMIによる幻肢痛の制御, 2018 BibTeX
  18. 18. 上園志織、田辺創思、藤原真紀、柘植仁美、中村克樹、井上謙一、高田昌彦, マーモセットにおける大脳基底核および小脳から前部・後部帯状皮質への多シナプス性入力様式 , 2018 1 BibTeX
  19. 19. 南本敬史、三村喬生、永井裕司、井上謙一、須原哲也、高田昌彦, 化学遺伝学とPET イメージングの融合による黒質線条体ドーパミン神経活動制御, 2018 1, 京都大学、京都府京都市 BibTeX
  20. 20. 三村 喬生, 永井 裕司, 井上 謙一, 須原 哲也, 高田 昌彦, 南本 敬史, 化学遺伝学とPETイメージングの融合による黒質線条体ドーパミン神経活動制御, 2017 , reviewed BibTeX
  21. 21. 三村 喬生、松本 惇平、西条 寿夫、須原哲也、南本 敬史, 機械学習を用いた自由行動下における頭部方向測定法の開発, 2017 , reviewed BibTeX
  22. 22. 栁澤琢史, MEGによるバイオマーカー探索とニューロフィードバック, 2018 , invited BibTeX
  23. 23. *Zobnin S, Li Y, Doya K, Experimental investigation of hierarchical Bayesian inference in sensory and motor cortices, 2018 , 北海道留寿都, 2018.1.9 BibTeX
  24. 24. 栁澤琢史, Brain-Machine Interfaceによる幻肢痛治療, 2017 , invited BibTeX
  25. 25. 松本有紀子., 統合失調症における脳内意味表象異常の可視化と定量, 2017 , invited BibTeX
  26. 26. *Zobnin S, Li Y, Doya K, Experimental investigation of hierarchical Bayesian inference in sensory and motor cortices, 2017 , 学術センター, 東京, 2017.12.19 BibTeX
  27. 27. Frandi E. *Benucci A., Modeling responses to visual stimuli in the mouse cortex with recurrent neural networks, 2017 Dec, invited BibTeX
  28. 28. 仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・坂上雅道・山岸俊男, 向社会的行動の遺伝的基盤, 2017 12 BibTeX
  29. 29. 松本淳平, 西丸広史, 高村雄策, 三村喬生, 浅場明莉, 鈴木航, 一戸紀孝, 南本敬史, 小野武年, 西条寿夫, げっ歯類とサルのためのオープンソース3次元ビデオ行動解析システムの開発と神経科学への応用, 2017 , reviewed BibTeX
  30. 30. 栁澤琢史, MEG-BMIによる幻肢痛の病態解明と治療法の開発, 2017 , invited BibTeX
  31. 31. 會下拓実, 丹野良介, 柳井啓司, CNNによる複数品食事画像の同時カロリー推定とそのモバイル実装, 2017 BibTeX
  32. 32. 仁科国之・高岸治人・井上-村山美穂・高橋英彦・坂上雅道・山岸俊男, アルギニンバソプレシン受容体遺伝子と向社会的行動の関連, 2017 11 BibTeX
  33. 33. Ishida H, Inoue K, Hoshi E, Takada M, Cells of origin of multisynaptic projections from amygdala to ventral premotor cortex in macaques , 2017 11, 生理学研究所、愛知県岡崎市 BibTeX
  34. 34. 栁澤琢史、福間良平、Ben Seymour、細見晃一、清水豪士、貴島晴彦、平田雅之、横井浩史、吉峰俊樹、神谷之康、齋藤洋一, MEGによる皮質可塑性障害の評価と制御, 2017 , invited BibTeX
  35. 35. 山下 祐一, 認知(障害)原理を検証する神経回路モデルの開発と評価, 2017 11, invited BibTeX
  36. 36. *小津野将, 内部英治, 銅谷賢治, ギャップ増強を利用した頑健かつ効率的なoff-policy policy evaluation, 2017 , 東京大学,東京都文京区, 2017.11.9 BibTeX
  37. 37. T. Kozuno*, E. Uchibe, and K. Doya, Robust and Efficient Off-Policy Policy Evaluation via Enhanced Action-Gap, 2017 BibTeX
  38. 38. 栁澤琢史, 脳波のリズム異常と制御, 2017 , invited BibTeX
  39. 39. 栁澤琢史、荒木俊彦、福間良平、小林真紀、押野悟、吉峰俊樹、貴島晴彦, 脳磁図による側頭葉てんかんのネットワーク解析, 2017 BibTeX
  40. 40. 銅谷賢治, 脳内シミュレーションの神経機構, 2017 , 沖縄コンベンションセンター,沖縄, 2017.10.26, invited BibTeX
  41. 41. Takufumi Yanagisawa, Ryohei Fukuma, Kotaro Edakawa, Hideki Okada, Toshihiko Araki, Satoru Oshino, Maki Kobayashi, Masataka Tanaka, Shyota Yamamoto, Toshiki Yoshimine, Tatsuya Harada, Haruhiko Kishima, Development of an epilepsy diagnostic tool using artificial intelligence and cross-frequency coupling, 2017 BibTeX
  42. 42. *疋田貴俊, 情動行動における大脳基底核神経回路機構とその破綻, 2017 , invited BibTeX
  43. 43. 丹野 良介, 泉 裕貴, 柳井 啓司, CoreMLによるiOS深層学習アプリの実装と性能分析, 2017 BibTeX
  44. 44. 會下 拓実, 柳井 啓司, CNNによる複数料理写真からの同時カロリー量推定, 2017 BibTeX
  45. 45. *疋田貴俊, 意思決定と薬物依存における大脳基底核神経回路機構, 2017 , invited BibTeX
  46. 46. *疋田貴俊, 認知学習と精神疾患における神経回路機構, 2017 , invited BibTeX
  47. 47. 平山 淳一郎, Aapo Hyvärinen, 小川 剛史, 守谷 大樹, 川鍋 一晃, 積層独立成分分析(SPLICE)による神経科学データ解析, 2017 BibTeX
  48. 48. *Hikida T, Dual neural circuits in reward and aversive learning, 2017 , invited BibTeX
  49. 49. 銅谷賢治, 「脳内シミュレーション」の神経回路を可視化する, 2017 , 千里ライフサイエンス振興財団,大阪, 2017.9.19 BibTeX
  50. 50. 上野賢一、鈴木千里、春花健児、田中啓治, Optimization of head motion parameter regression procedure in teh date preprocessing for fMRI studies, 口頭発表 BibTeX
  51. 51. Shubha Gupta, Kang Cheng, Keiji Tanaka, and R. Allen Waggoner, RF-induced temperature increase in a phantom: comparison of numerical simulations, MR thermometry and temperature sensor measurements, 口頭発表 BibTeX
  52. 52. 春花健児、鈴木千里、田中啓治、上野賢一, ヒト全身用3テスラMRI装置によるマカクザル脳の撮像と画像処理の最適化, ポスター発表 BibTeX
  53. 53. 深井朋樹, 大脳皮質と海馬の神経集団活動から読み解く回路機能, 2017 , invited BibTeX
  54. 54. 春花健児、鈴木千里、田中啓治、上野賢一, ヒトfMRI撮像における被験者状態監視システムの構築, ポスター発表 BibTeX
  55. 55. 上野賢一、松田圭司、春花健児、鈴木千里、田中啓治, ヒトfMRI研究のための被験者眼球運動計測システムの構築, ポスター発表 BibTeX
  56. 56. Yukiko Matsumoto, Shuraku Son, Akio Murakami, Satoshi Nishida, Shinji Nishimoto, Hidehiko Takahashi., Abnormal semantic representation in the brains of schizophrenia patients., 2017 BibTeX
  57. 57. 會下拓実, 柳井啓司, 食事画像カロリー量推定における回帰による手法と検索による手法の比較, 2017 BibTeX
  58. 58. 下田 和, 柳井 啓司, 完全教師あり学習手法を用いた弱教師あり領域分割におけるシード領域生成方法の改良, 2017 BibTeX
  59. 59. J. Chikazoe, パターン解析により明らかにされた主観的価値・味覚の神経基盤, 2017 , 招待講演 BibTeX
  60. 60. 銅谷賢治, ベイズ推定による脳機能モデルと脳データ解析, 2017 , 埼玉県和光市, 2017.8.4 BibTeX
  61. 61. 深井朋樹, 外界をモデル化する脳の回路メカニズム ―海馬と大脳皮質, 2017 , invited BibTeX
  62. 62. 下田 和, 柳井 啓司, 弱教師あり領域分割のための一貫性に基づく学習画像の領域分割容易性推定, 2017 , pp.PS2-48 BibTeX
  63. 63. 松尾 真, 下田 和, 柳井 啓司, 画像スタイル変換とWeb画像を用いた画像の任意質感生成, 2017 , pp.PS3-36 BibTeX
  64. 64. 會下 拓実, 柳井 啓司, Multi-task CNNを用いた食材および調理手順情報を利用した食事画像カロリー量推定, 2017 , pp.PS3-22 BibTeX
  65. 65. 長野 哲也, 會下 拓実, 柳井 啓司, Twitter画像に対する地域別画像タイプの大規模分析, 2017 , pp.PS2-36 BibTeX
  66. 66. 成沢 淳史, 柳井 啓司, Neural Style TransferとCycle GANを利用したフォント変換, 2017 , pp.PS2-26 BibTeX
  67. 67. 伊藤 祥文, Jaehyeong Cho, 柳井 啓司, Conditional GAN を用いた複数詳細カテゴリ画像の合成, 2017 , pp.PS1-25 BibTeX
  68. 68. 丹野 良介, 泉 裕貴, 柳井 啓司, ConvDeconvNetの効率的モバイル実装による 画像変換・物体検出・領域分割リアルタイムiOSアプリ群, 2017 , pp.DS-12 BibTeX
  69. 69. Ryosuke Tanno, Keiji Yanai, Unseen Style Transfer Network, 2017 , pp.PS3-27 BibTeX
  70. 70. Doya K, Neural coding, brain imaging and information extraction by circuit modeling, 2017 , 東京大学,東京都文京区, 2017.7.24, invited BibTeX
  71. 71. T. Yoshimoto, J. Chikazoe, S. Okazaki, M. Sumiya, H. K. Takahashi, E. Nakagawa, T. Koike, R. Kitada, S. Okamoto, M. Nakata, H, Kosaka, T. Yada, N. Sadato , State-dependent and -independent food representations revealed by multivoxel pattern analysis, 2017 , ポスター BibTeX
  72. 72. Uezono S, Tsuge H, Tanabe S, Fujiwara M, Nagaya N, Nagaya K, Inoue K, Takada M, Organization of multisynaptic inputs from the basal ganglia and cerebellum to the cingulate cortex in common marmosets as revealed by retrograde transneuronal labeling with rabies virus., 2017 7, 幕張メッセ、千葉県千葉市 BibTeX
  73. 73. 濱口航介 , 温度操作と膜電位記録が明らかにする歌のタイミング制御ネットワーク, 2017 , ポスター発表 BibTeX
  74. 74. Inoue K, Fujiwara M, Uezono S, Tanabe S, Tsuge H, Nagaya N, Nagaya K, Ishida H, Hoshi E, Takada M, Organization of multisynaptic inputs from the basal ganglia to the dorsal and ventral premotor cortices in macaque monkeys: retrograde transneuronal dual tracing with fluorescent rabies viral vectors., 2017 7, 幕張メッセ、千葉県千葉市 BibTeX
  75. 75. Yutaka Komura*, The primate model with metacognitive ability and disability, 2017 , invited& BibTeX
  76. 76. 鈴木真介, 価値とリスク評価の神経基盤:その基礎と社会的伝染, 2017 , 口頭発表 BibTeX
  77. 77. 田中啓治, 高空間分解能でのfMRI研究, 教育講演 BibTeX
  78. 78. R Allen Waggoner, An overview of high-resolution fMRI studies at RIKEN-BSI from V1 to the temporal lobe, シンポジウム BibTeX
  79. 79. Topi Tanskanen, Chien-Hui Tancy Kao, R. Allen Waggoner, Ken Ueno, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Category tuning in the human face selective areas assessed with high0resolution fMRI., 口頭発表 BibTeX
  80. 80. Anthony M Lam, Topi Tanskanen, Chien-Hui Tancy Kao, Y Kuno, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Reconstructing perceived faces from human brain activity, ポスター発表 BibTeX
  81. 81. *Hikida T, Basal ganglia circuit mechanisms for flexible behavio, 2017 , invited BibTeX
  82. 82. J. Chikazoe, Importance of pattern analysis for exploring shared neural correlates across modalities, 2017 , 座長兼発表者 BibTeX
  83. 83. Takufumi Yanagisawa, Ryohei Fukuma, Ben Seymour, Koichi Hosomi, Haruhiko Kishima, Toshiki Yoshimine, Yukiyasu Kamitani, Youichi Saitoh, Induction of sensorimotor plasticity altered pain in phantom limb patients with instructions to not move the phantom hand, 2017 BibTeX
  84. 84. 銅谷賢治, 大脳基底核の機能モデル・病態モデルと実験的検証, 2017 , 愛知県西尾市吉良町, 2017.7.1, invited BibTeX
  85. 85. 高橋 英彦, 人工知能と統合失調症研究の接点., 2017 , invited BibTeX
  86. 86. 上園 志織、田辺 創思、藤原 真紀、柘植 仁美、中村 克樹、井上 謙一、高田 昌彦, マーモセットにおける大脳基底核から帯状皮質への多シナプス性入力様式, 2017 7, 三河湾リゾートリンクス、愛知県西尾市 BibTeX
  87. 87. 山下 祐一、片平 健太郎, 研究領域基準(RDoC)は有効か? 計算モデルによる精神医学研究ストラテジー評価方法の提案, 2017 6 BibTeX
  88. 88. 柳澤琢史、福間良平、Ben Seymour、細見晃一、清水豪士、貴島晴彦、平田雅之、横井浩史、吉峰俊樹、神谷之康、齋藤洋一, 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療, 2017 BibTeX
  89. 89. 丹野良介, 下田和, 柳井啓司, 複数スタイルの融合と部分的適用を可能とする Multi-style Feed-forward Network の提案, 2017 BibTeX
  90. 90. 栁澤琢史, MEG-BMIによる幻肢痛の病態解明と治療, 2017 , invited BibTeX
  91. 91. *小島大樹,土井樹,池上高志, DCGANの作る仮想世界と現実空間のMap, 2017 BibTeX
  92. 92. 冨山 翔司、味曽野 雅史、鈴木 雅大、中山 浩太郎、松尾 豊, 画像とテキストの潜在的な意味情報を用いたニューラル翻訳モデルの提案, 2017 5 BibTeX
  93. 93. 會下拓実, 柳井啓司, 食事レシピ情報を利用した食事画像からのカロリー量推定, 2017 BibTeX
  94. 94. 松尾真, 下田和, 柳井啓司, 画像スタイル変換とWeb 画像を用いた画像の任意質感生成, 2017 BibTeX
  95. 95. *疋田貴俊, 柔軟な行動のための大脳基底核神経回路の恒常性維持機構とその破綻, 2017 , invited BibTeX
  96. 96. 橋本さゆり,小林一郎, 深層強化学習を用いた動作制御に関する一考察, 2017 BibTeX
  97. 97. 野匡隼,中村友昭,長井隆行,持橋大地,小林一郎,金子正秀, 階層ディリクレ過程による動作クラス数推定を導入したGP-HSMMによる連続動作からの基本動作抽出, 2017 BibTeX
  98. 98. 松本有紀子、孫樹洛、村上晶郎、西田知史、 西本伸志、高橋英彦, 高次視覚野応答のエン コーディングによる統合失調症の脳内意味 表象異常の評価., 2017 BibTeX
  99. 99. 柳澤琢史、福間良平、Ben Seymour、細見晃一、清水豪士、貴島晴彦、平田雅之、横井浩史、吉峰俊樹, MEG Neurofeedbackによる幻肢痛治療, 2017 BibTeX
  100. 100. R. Allen Waggoner, Topi Tanskanen, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Impact of multi-band EPI on serial autocorrelations, 口頭発表 BibTeX
  101. 101. Shubha Gupta, R. Allen Waggoner, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Size and Position of load affects the mutual coupling between the elements of array coil, 口頭発表 BibTeX
  102. 102. Shubha Gupta, R. Allen Waggoner, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Comparison of temperature increase in a phantom, calculated by the numerical simulations, measured by the MR thermometry and by the temperature sensors, 口頭発表 BibTeX
  103. 103. 中原裕之, 意思決定と社会知性:その脳計算理解に向けて, 2017 , 招待講演 BibTeX
  104. 104. *疋田貴俊, 認知学習におけるドーパミンD2L受容体の役割解析, 2017 , invited BibTeX
  105. 105. 坂上雅道, 意思決定にかかわる2つの神経回路とその相互作用, 2017 2 BibTeX
  106. 106. 柳澤琢史、福間良平、Ben Seymour、細見晃一、清水豪士、貴島晴彦、平田雅之、横井浩史、吉峰俊樹、神谷之康、齋藤洋一, BMIによる幻肢痛の病態解明と新たな治療法開発, 2017 BibTeX
  107. 107. 栁澤琢史、平岡寿公、小林真紀、福間良平、荒木俊彦、押野悟、吉峰俊樹、貴島晴彦, 側頭葉てんかんにおける発作間欠期てんかん性活動のネットワーク, 2017 BibTeX
  108. 108. 福田 玄明, Ning Ma, 鈴木 真介, 原澤 寛浩, 上野 賢一, Gardner Justin L, 一戸 紀孝, 春野 雅彦, Cheng Kang, 中原 裕之, Neural mechanisms and computation that mediates value by others’ reward for decision making, 2017 BibTeX
  109. 109. Ning Ma, 原澤 寛浩, 上野 賢一, 一戸 紀孝, 春野 雅彦, Cheng Kang, 中原 裕之, Neural mechanisms for deciding with predicting others, 2017 BibTeX
  110. 110. Sho Ito, Hiroaki Gomi, Impact of changes in visual feedback on long-latency stretch reflex during visually guided movement, 2017 BibTeX
  111. 111. Takamuku S, Forbes P, Hamilton A, Gomi H , Inverse dynamics computation in adults with autism – Examination based on perceptual biases., 2017 BibTeX
  112. 112. 高椋慎也,永澤知幸,五味裕章 , オプティックフローに基づく歩行速度調節は距離推定に依存する, 2017 BibTeX
  113. 113. 安部川 直稔,五味 裕章, 姿勢環境に応じて修飾される反射性視覚腕応答第40回 日本神経科学大, 2017 BibTeX
  114. 114. 伊藤 翔, 五味 裕章, Impact of adaptation to mirror-reversed visual feedback on modulation of long-latency stretch reflex , 2017 BibTeX
  115. 115. 高椋 慎也, 永澤 知幸,五味 裕章, オプティックフローによる歩行速度調節の恒常性, 2017 BibTeX
  116. 116. Takamuku Shinya, Gomi Hiroaki, Constancy of walking speed adjustment based on optic flow depends on monocular and binocular depth cues, 2018 BibTeX
  117. 117. Ueda Hiroshi, Abekawa Naotoshi, Gomi Hiroaki, Temporal integration of sensory evidence for position representation of a moving object containing motion signal in perceptual and motor decision making, 2017 BibTeX
  118. 118. 夛田 裕貴, 幸 優佑,林 楓,萩原 良信,谷口 忠大, ノンパラメトリックベイス二重分節解析器のTIDIGITSコーパスへの適用, 2017 5, 4D2-OS-37d-3 BibTeX
  119. 119. 杉原智也, 劉海龍, 竹中一仁, 三澤秀明, 坂東誉司, 谷口忠大, Sequence to Sequenceモデルを用いた運転行動予測, 2017 9, RSJ2017AC3I3-03 BibTeX
  120. 120. 谷志翔, 田口亮, 服部公央亮, 保黒政大, 梅崎太造, 三次元空間における相対位置概念の学習, 2017 BibTeX
  121. 121. 谷志翔,加藤有祐,田口亮,服部公央亮,保黒政大,梅崎太造, MCMCサンプリングによる相対位置概念の学習, 2017 BibTeX
  122. 122. 相良陸成,谷志翔,田口亮,服部公央亮,保黒政大,梅崎太造, 発話を入力とした相対位置概念の学習, 2017 BibTeX
  123. 123. 白砂大,本田秀仁,松香敏彦,植田一博, なじみ深さ, 知識 ~統計モデルによる推論プロセスの検証~, 2017 BibTeX
  124. 124. 大貫祐大郎,本田秀仁,松香敏彦,植田一博, 異なる評価法によるリスク態度の変化:意思決定者の信念推定に基づく認知プロセスの分析, 2017 BibTeX
  125. 125. 本田秀仁,白砂大,松香敏彦,植田一博, フレーム選択における意図と潜在的処理, 2017 BibTeX
  126. 126. 白砂大,本田秀仁,松香敏彦,植田一博, なじみ深さのマッチング: familiarityの類似性に基づく選択, 2017 BibTeX
  127. 127. 橋本さゆり,小林一郎, 深層強化学習を用いた動作制御への基礎的検討, 2017 BibTeX
  128. 128. 橋本 さゆり,小林 一郎, 深層強化学習を用いた三重倒立振子の制御に関する一考察, 2017 BibTeX
  129. 129. 橋本 さゆり,金子晃,小林一郎, 深層強化学習を用いたロボットの自然言語による制御への取組み, 2017 BibTeX
  130. 130. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスのアプローチ 赤ちゃんの言語獲得の構成論モデルに向けて, 2017 , 招待講演 BibTeX
  131. 131. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスが目指すAGI~表現(表象)学習を超えて~, 2017 , 招待講演 BibTeX
  132. 132. 中原裕之, Basal ganglia, reinforcement learning and beyond, 2016 , 招待講演 BibTeX
  133. 133. *疋田貴俊、林勇一郎、澤明, 変異型DISC1トランスジェニックマウスは場所選好試験において海馬CA1場所細胞の報酬関連活動の低下を示す, 2016 BibTeX
  134. 134. Macpherson T, Morita M, Wang Y, Sasaoka T, Sawa A, *Hikida T, Activity in dopamine D2-receptor-expressing nucleus accumbens neurons is necessary for behavioral flexibility in an IntelliCage place discrimination task., 2016 BibTeX
  135. 135. 坂上雅道, 脳と心の接点を探る研究の最前線日本理論心理学会第62回大会シンポジウム, 2016 11 BibTeX
  136. 136. 中原裕之, 脳科学のデータ同化展望:モデルベースドfMRIを起点に, 2016 , 招待講演 BibTeX
  137. 137. *疋田貴俊, ドパミンによる大脳基底核神経回路の制御機構, 2016 , invited BibTeX
  138. 138. 白砂大,松香俊彦, 問題文と選択肢の双方の熟知量に基づく推論, 2016 BibTeX
  139. 139. R. Allen Waggoner, Topi Tanskanen, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Serial Autocorrelations and Multiband fMRI, ポスター発表 BibTeX
  140. 140. Shubha Gupta, R. Allen Waggoner, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Effect of load size and load position on coupling between the elements of an array coil, 口頭発表 BibTeX
  141. 141. *疋田貴俊, 神経回路から精神疾患病態へ, 2016 , invited BibTeX
  142. 142. *疋田貴俊, 認知学習における大脳基底核神経回路機構, 2016 , invited BibTeX
  143. 143. 田中啓治, エキスパートの直観を司る神経ネットワーク, 2016 , 教育講演m invited BibTeX
  144. 144. Topi Tanskanen, Chien-Hui Tancy Kao, R. Allen Waggoner, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Columnar scale representation of faces in the human inferotemporal cortex, 2016 , ポスター発表 BibTeX
  145. 145. Chien-Hui Tancy Kao, Topi Tanskanen, Kenichi Ueno, R. Allen Waggoner, Keiji Tanaka, and Kang Cheng, Columnar organization of face orientation procession I human occipital face area, 2016 , ポスター発表 BibTeX
  146. 146. Florian Gerard-Mercier and Keiji Tanaka, Synchronous beta oscillations in the fronto-striatal loop for behavioral rule switching in macaque monkeys, 2016 , ポスター発表 BibTeX
  147. 147. Farshad A. Mansouri and Keiji Tanaka, The role of frontal pole cortex in primate goal-directed behaviour, 2016 , シンポジウム, invited BibTeX
ARCHIVE
ページトップへ