PUBLICATIONS
Category
Year

Domestic Journal Paper

  1. 田中啓治, 将棋岸の直観と脳, Brain and Nerve, 2018 , 印刷中 BibTeX
  2. 森本淳, ヒト動作の模倣によるヒト型ロボット動作学習, 生体の科学, 2018 2, 69, 1, 51-53, &# BibTeX
  3. *疋田貴俊, 大脳基底核神経回路からみた薬物依存症の病態., 精神科臨床Legato, 2016 10, 2, 4, 190-192, invited BibTeX
  4. 中原裕之, 社会知性を実現する脳計算システムの解明: 人工知能の実現に向けて, 人工知能学会誌, 2017 , 32, 6, 863-872, reviewed & BibTeX
  5. 深井朋樹, 脳回路研究とAIの融合に向けて, ファルマシア, 2018 September, 54, 9, 867-869 BibTeX
  6. 鈴木雅大, 松尾豊, 異なるモダリティ間の双方向生成のための深層生成モデル, 情報処理学会論文誌, 2018 3, 59, 3 BibTeX
  7. *疋田貴俊, 意思決定と薬物依存における大脳基底核神経回路機構, 日本生物学的精神医学会誌, 2018 3, 29, 1, 40-43, invited# BibTeX
  8. 栁澤琢史, Q and A 神経科学の素朴な疑問、脳の力で機械は動かせますか?, Clinical Neuroscience, 2018 1, 36, 2, 262-263, & BibTeX
  9. 栁澤琢史, ブレインマシンインターフェイスによる脳機能の再建と修飾, バイオサイエンスとインダストリー, 2018 , 76, 3, 264-265, & BibTeX
  10. 栁澤琢史、福間良平1,3)、Ben Seymour9)、細見晃一1,5) 、清水豪士1,5)、貴島晴彦1)、平田雅之1,2)、横井浩史7) 、吉峰俊樹2,8)、神谷之康3,6)、齋藤洋一, 皮質可塑性の制御による幻肢痛の病態解明と治療, Pain Research, 2018 , 33, 26-31, & BibTeX
  11. 田中慎吾、坂上雅道, 推移的推論の脳メカニズム-汎用人工知能の計算理論構築をめざして-, 人工知能, 2017 11, 32, 6, 845 BibTeX
  12. *疋田貴俊, 神経回路から精神疾患病態へ, 日本生物学的精神医学会誌, 2017 9, 28, 3, 132-134, invited BibTeX
  13. *疋田貴俊、森田真規子、Tom Macpherson, 認知学習における大脳基底核神経回路機構, 日本神経精神薬理学雑誌, 2017 4, 37, 35-38, invitedreviewed BibTeX
  14. 栁澤琢史, 幻肢痛をBMIで治す, Clinical Neuroscience, 2017 , 35, 1, 356-7, & BibTeX
  15. 栁澤琢史, BMIによる幻肢痛の病態解明と新たな治療法開発, 機能的脳神経外科, 2017 , 56, 41-45, & BibTeX
  16. 田中慎吾、小口峰樹、坂上雅道, 前頭連合野の認知機能 推移的推論と前頭前野外側部, BRAIN and NEVER,医学書院, 2016 11, 68, 11, 1263-1270, reviewed BibTeX
ARCHIVE
ページトップへ