新学術領域研究「人工知能と脳科学の対照と融合」若手サマースクール

人工知能と脳科学の新たな胎動が起きています。人工知能と脳科学の研究者の対話と共同作業を深化させることで新展開を生み出すために、新学術領域「人工知能と脳科学の対照と融合」が発足しました。(領域HP参照
本サマースクールは、人工知能と脳科学の第一線で活躍する研究者による講義とデモンストレーションを通じて、両者を融合した研究の新展開を担う人材育成を目指しています。ふるってご応募ください。

期間

2017年8月2日(水)~8月4日(金);2日は昼ごろ集合、4日は夕方に解散の予定

会場

理化学研究所 脳科学総合研究センター
埼玉県和光市広沢2-1 最寄り駅:和光市(東武東上線/東京メトロ有楽町線・副都心線)

プログラム

若手サマースクール プログラムを公開しました。<new>

プログラムはこちらです。

講師

(五十音順;敬称略)
※講義は日本語となります。

定員

25 名程度。
※応募者多数の場合、応募資料により審査を行います。なおスクールの参加者の方の参加費は無料。
原則、8月2日と3日の宿泊費と旅費のサポートあり(詳細は応募ページの但し書きをご覧ください)。

応募資格

主には大学院生、ポストドクター、大学院進学を考えている学部学生。また企業の研究者の方も若干名受入を予定。

応募方法

下記、申し込み応募のページから、申し込みください。

お申込みはこちら

応募締切

2017年4月28日(金)正午12時まで

主催・共催

新学術領域研究 「人工知能と脳科学の対照と融合」
理化学研究所 脳科学総合研究センター

協賛

理化学研究所 革新知能統合研究センター (AIP)
日本神経回路学会
文部科学省 ポスト「京」アプリケーション研究開発萌芽的課題「脳のビッグデータ解析、全脳シミュレーションと脳型人工知能アーキテクチャ」
ヒト脳イメージング研究会

運営

新学術「人工知能と脳科学の対照と融合」育成支援委員会
人工知能と脳科学の融合から新しい時代を切り開こうという若手の皆さんの参加を心よりお待ちしています。サマースクールでお会いするのを楽しみにしています。

中原裕之(委員長;理化学研究所 脳科学総合研究センター)
森本淳(ATR)
松本正幸(筑波大学)

問合わせ先

Email:ai-bs-summer17[at]brain.riken.jp

※迷惑メール防止のため、宛先の”[at]”の部分を”@”に置き換えて、送信してください。
(窓口:叶 尤奇(ヨウ シュウキ)、中原研究室)

個人情報の取り扱いについて

ページトップへ